愛知県名古屋市、JR熱田駅近くにある針灸(はり きゅう)の治療院

鍼灸治療というと、肩こりとか腰痛・神経痛の整形外科分野の領域だけのように思われますが(もちろん痛みの治療は鍼灸の最も得意とするところで、病院で手術が必要といわれた場合でも鍼灸で改善する場合があるほど治療効果は高いです。)、他にも内科・産婦人科・耳鼻科・眼科・神経科などの疾患で効果の高いものがたくさんあります。いろいろな治療に精通しておりますし、症状によっては病院等を紹介しますので気軽にご相談ください。
東洋医学には「未病を治す(みびょうをちす)」という言葉があります。未病とは、未だなってない病気・未来の病気のことです。未来の病気の芽を摘み取るために、予防医学としての定期的な鍼灸治療をお勧めします。

世界保健機関(WHO)が認めたはりきゅう治療の適応症は以下の通りです。
上気道疾患 慢性副鼻腔炎
呼吸器系疾患症状 喉頭炎、頭炎、急性扁桃炎、気管支喘息、扁桃摘出後疼痛
眼科疾患 近視
口腔疾患・症状 抜歯疼痛
内科疾患・症状 便秘、下痢、過敏性腸症候群、胆石、胆石疝痛、胆道回虫症、胆道ジスキネジー、腎石疼痛、狭心症を伴う虚血性心疾患、不整脈、低血圧、高血圧、白血球減少症
神経学的及び筋・骨格系疾患・症状 頚椎炎、頚部筋筋膜炎、上腕肩甲関節周囲炎(肩関節周囲炎)、上顆炎(テニス肘)、慢性関節リウマチ、変形性膝関節症、捻挫、打撲、頭痛、片頭痛、緊張性頭痛、坐骨神経痛、腰痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛、遺尿症、尿失禁、尿閉、メニエール症候群、神経循環性無力症
その他の疾患・症状 月経異常、月経困難症、分娩の誘発、女性不妊、男性不妊、インポテンス、片麻痺、肥満、アルコール中毒、薬物中毒、うつ病、術後疼痛


鍼灸で逆子が治るなんて不思議な気がしますが、比較的簡単な治療で治ります。7,8ヶ月なら80%以上の確率で矯正されます。それ以降でも確立は減りますが、治る可能性はかなりあります。帝王切開の予定日の前日に治療をして矯正した経験もあります。15年ほど前の横浜で行われた全日本鍼灸学会に参加した際、東邦大学医学部産婦人科の医師が逆子の鍼灸治療に関して多くのデータ(このときのデータは、特別な場合以外は100%でした)を基に論文発表され、鍼灸の効果がまたひとつ証明されうれしく思った事を覚えています。

器質的に問題がなくてもなかなか妊娠しない方は大勢いらっしゃると思います。当院の治療は、機能と構造の両面から考えて行います。機能面では冷えをとるための治療を主に行います。器質的に問題がないのに構造とはおかしなことが書いてあるようですが、病院でいう器質とは違い妊娠しやすい体形、姿勢を作ることです。妊娠しやすい体形にして機能を高めれば、当然妊娠しやすくなります。産婦人科の不妊治療と併用してもかまいません。

長期のステロイド使用などで難治の病気の一つですが、感染とストレスに気をつけて気長に鍼灸治療を続ければ、症状の波はありますがだんだん快方に向かいます。鍼灸治療は星状神経節というところと主に手足の自律神経を調整するつぼをつかいます。


スリッパは、「スリッパ殺菌ディスペンサー」で完全に消毒していますので、ご安心下さい。